犬下痢
医師や専門家が深く詳しく解説します
犬下痢
医師や専門家が深く詳しく解説します

犬の チョコレート中毒 とは一体どんな病気?飼い主は何を注意したら良いの?

公開日
更新日

 
執筆:碧井 香 (獣医師・獣医学博士)
 
 
下痢をするには様々な要因が考えられます。自宅で様子を見ても大丈夫なものから、放っておくと死に至ってしまうものまで多岐に渡ります。急を要する治療が必要なもの、そこまで緊急ではないものなど下痢の原因によって対処法は様々です。
その中で、もっとも急を要するものの一つに チョコレート中毒 があります。チョコレートが常に手放せないほど好きな人のことを チョコレート中毒 と比ゆ的にいうことがありますが、犬にとってチョコレートは本当に中毒症状を起こす毒物です。 チョコレート中毒 とはどのようなものなのか、詳しく見て行きましょう。
 
 

チョコレート中毒 の原因

 
チョコレートにはテオブロミンという成分が含まれています。カカオに含まれるアルカロイドでチョコレートの苦味成分です。カフェインが体内で代謝されると10%はテオブロミンになります。
 
このテオブロミンは人では半減期が6時間ですが、犬では17.5時間と長時間です。半減期とは体内に入った量が半分になるまでの代謝時間です。例えば10gのテオブロミンを摂取した場合、その6時間後には人の体内には半分の5gが残っている状態ですが、犬の場合、17時間30分経たないと半分の5gにはなりません。人では摂取後12時間後には2.5gになっているのに対し、犬では摂取後35時間でやっと2.5gになるのです。つまり、犬が一度チョコレートを摂取すると、その成分であるテオブロミンはかなり長い時間体内に残っている状態になり、この残留時間の差こそが犬が中毒を起こしやすい原因です。

<つづきを読む>

1 / 4 ページ

※なお記事中の語句に張られたリンクをクリックすると、当該語句について詳しく説明した当サイト内もしくは外部サイトの記事へ移動しますので、ご活用いただければ幸いです。